IPO「テックポイント・インク」(6697)

テックポイント・インク

テックポイント・インク」は 監視カメラシステム及び車載カメラシステム市場において、多様なカメラ及びそのデジタル・ビデオ・レコーダー製品向けのアナログ・デジタル混載半導体の設計、マーケティング及び販売を行っている半導体企業です。

自社工場を保有せず、外部製造専門会社に製造を委託するビジネスモデルとなっています。

初の海外企業によるJDR案件となります。

「JDR」とは取引制度の違い等により、国内の投資家が直接取引できない外国株式を、国内の金融機関が現地で保有し、その外国株式を担保として発行される証券のこと。

【JDR】日本証券業協会

IPOとしては主幹事証券などはチカラを入れることが予想されますが、外国株は不明な点(理解しづらい点)も多く、個人投資家には敬遠されるかもしれません。


IPO「テックポイント・インク」の上場日

B
  • IPO人気:なし
  • 公開比率:高い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/9/29 (金) 証券コード 6697
市場 東証マザーズ 業種 電気機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
テックポイント・インク(6697)

IPO「テックポイント・インク」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/9/12 (火) ~ 2017/9/15 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 620円~650円 (抽選資金:6.2万円 ~ 6.5万円)
当選口数 15,200口
公募株数 1,520,000株 売出株数 0株
吸収金額 11.3億円 O.A分 228,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「テックポイント・インク」の公募価格と初値

公募価格 650円 初値 1,072円
騰落率 64.92%  倍率  1.65倍
初値売りでの損益 42,200円(1,072円 - 650円)× 100株

テックポイント・インクの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「テックポイント・インク」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「テックポイント・インク」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

SBI証券」はネット証券会社の中でも 主幹事や引受幹事(委託含む)になる回数が多く、IPO当選狙いには必須の証券会社です。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「テックポイント・インク」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:電気機器」のIPO結果です。

  • 2017/08/09 上場トランザス… 初値売りによる損益:221,000円(騰落率:170%、倍率:2.70倍)
  • 2012/06/22 上場大泉製作所… 初値売りによる損益:5,000円(騰落率:14.29%、倍率:1.14倍)
  • 2011/12/16 上場ダブル・スコープ… 初値売りによる損益:-20,000円(騰落率:-8%、倍率:0.92倍)
  • 2010/12/16 上場(株)テラプローブ… 初値売りによる損益:-22,500円(騰落率:-7.50%、倍率:0.93倍)
  • 2006/06/21 上場インスペック… 初値売りによる損益:68,000円(騰落率:12.36%、倍率:1.12倍)

管理人のコメントby テックポイント・インク

上場前

IPOで人気のない「半導体事業」で かつ「外国株」という事で 不人気かと思いきや、大手の市場予想は高い評価となっております。目論見書を見ていたら制約等が多くて頭が痛くなりました・・・。

2017.9.8 追記。
市場注目度は「B」に、初値予想は「800円 ~ 1,000円」へ下方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると3万円の利益になりそうです。

個人的には大手の予想は高いなぁと思っていたので こちらの修正に納得です。

市場注目度は 高い「A」となりました

想定の仮条件は「600円 ~ 700円」。想定の初値予想は「900円 ~ 1,100円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると4万円の利益になりそうです。

評価が高くなった理由として言われているのは、東証が外国株の誘致にチカラを入れており、その意味でも失敗が出来ないIPOというのが大きいようです。

東証は世界最大の石油会社である「サウジアラムコ」の誘致にチカラを入れています。(2018年の噂があります)

仮に誘致が成功すれば時価総額は200兆円(上場分は10兆円)。
日本郵政グループ三社で14兆円ですので、規模的にもかなり大きいIPOとなります。

IPO「テックポイント・インク」に関するつぶやき