GMO ペイメントゲートウェイ[3769]:IPO上場情報と初値予想

IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」(3769)

GMO ペイメントゲートウェイ

GMO ペイメントゲートウェイ」は、GMOグループで クレジットカードをはじめとした総合決済代行サービスを提供している企業です。


IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い

上場日 2005/4/4 (月) 証券コード 3769
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 1株
Yahoo!
ファイナンス
GMO ペイメントゲートウェイ(3769)

IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2005/3/15 (火) ~ 3/22 (火)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 700,000円~800,000円 (抽選資金:70万円 ~ 80万円)
当選口数 1,835口
公募株数 1,600株 売出株数 235株
吸収金額 14.6億円 O.A分 0株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」の公募価格と初値

公募価格 800,000円 初値 4,500,000円
騰落率 462.50%  倍率  5.63倍
初値売りでの損益 3,700,000円(4,500,000円 - 800,000円)× 1株

IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」の主幹事証券と引受幹事証券

「GMO ペイメントゲートウェイ」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

ネット専業証券では「SBI証券」と「楽天証券」が幹事証券になりました。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と現金4千円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2002年9月 2003年9月 2004年9月
売上高 470,520 631,523 801,778
経常利益 39,086 115,547 192,400
当期利益 53,791 174,844 150,092
純資産 321,636 496,480 705,773
配当金 - - -
EPS 13,414.32 42,863.21 35,320.12
BPS 80,132.70 122,995.90 161,957.90
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までに、IPO「GMO ペイメントゲートウェイ」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2005/03/16 ネクステック
    初値売りによる損益:1,430,000円
    (騰落率:332.56%、倍率:4.33倍)
  • 2004/11/09 GDH
    初値売りによる損益:52,000円
    (騰落率:21.67%、倍率:1.22倍)
  • 2004/11/09 豆蔵
    初値売りによる損益:330,000円
    (騰落率:100%、倍率:2.00倍)
  • 2004/11/01 フライトシステムコンサルティング
    初値売りによる損益:150,000円
    (騰落率:51.72%、倍率:1.52倍)
  • 2004/10/28 新華ファイナンス
    初値売りによる損益:-12,000円
    (騰落率:-6.86%、倍率:0.93倍)

IPOのポイントby GMO ペイメントゲートウェイ

上場前

GMOグループとして3社目の上場企業です。
ネットショップなど非対面による販売を行う事業者に向けた業務の仲介や集中処理を行っています。

当選口数は1,835口
IT・インターネット関連企業のIPO株の初値は高くなる傾向があり、同社も初値に期待が持てます。

上場で調達した資金は、既存サービスのセキュリティを強化するためのシステム投資や内部管理体制の充実などに当てる予定です。

上場後

公募価格80万円に対して初値は450万円
騰落率は462.50%(約5.63倍)になりました。

初値売りによる利益額は370万円になりました。

ここまで人気化した理由の一つとして、今年 IT・インターネット関連企業のIPO株が好調な事が挙げられます。

特に3/9にヘラクレス市場に上場を果たした「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」は公募価格120万円、初値で420万円をつけ、その後の4/4には1,480万円の高値(公募価格の約12倍)をつけています。

他にも3/23に上場を果たした同業種の「リスクモンスター」が初値で騰落率307.27%(4.07倍)をつけた事もありIT・インターネット関連企業のIPO株には注目が集まっていました。

送信中...

「庶民のIPO」目安箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問は「IPO質問集」をご確認の上 「お問合せフォーム」からご連絡下さい。

頂いた ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「GMO ペイメントゲートウェイ」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

11/30(金)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

12/31(月)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ