市場注目度とは?

当サイトでは、IPOの市場注目度を「S」「A」「B」「C」「D」の5段階で評価しています。
※大手による評価を考慮

市場注目度をカンタンに説明すると「IPOの人気度」になります。

市場注目度
  • 「S」・・・市場からの注目度が最も高く、初値上昇に期待が出来る。
  • 「A」・・・市場からの注目度が高く、初値上昇に期待が出来る。
  • 「B」・・・市場からの注目度がやや高く、公募価格より やや高い初値が期待できる。
  • 「C」・・・市場からの注目度がやや低く、公募価格 近辺(プラス・ナイナス)が予想される。
  • 「D」・・・市場からの注目度が最も低く、公募割れのリスクが懸念される。

市場注目度は、IPOがもつ「業績」「将来性」「割安度」「知名度」「市場からの調達金額」などといった指標から、IPOで人気化しやすい要素である「上場市場」「業種」「市場の動向」なども考慮されて決定しています。

あくまでも、IPOのブックビルディング参加の参考としてご利用ください。

市場注目度が高いと初値も大きく上がりやすい

下記のデータを見て頂ければ一目瞭然ですが、

市場注目度が高い程、初値売りによる利益は大きく公募割れのリスクは低くなります

逆に、市場注目度が低いほど値下がりの損失リスクが高くなるのがデータでお分かり頂けると思います。

IPOデータ・ランキング」にて各年の市場注目度による、騰落率などのデータを載せています。

市場注目度が高いIPOに関しては、損失リスクも低いので積極的にIPOに応募していきましょう!