委託幹事証券とは?

「委託幹事証券」とは、その名の通り 主幹事証券引受幹事証券から「IPOの取扱い」を「委託」された「証券会社」の事です。

つまり、私たちは委託幹事証券からもブックビルディングに申込みをすることが可能になります。

IPOの承認時に発表される目論見書の一覧(主幹事や引受幹事証券)に載らない証券会社なので、通称として「裏幹事証券」とも呼ばれています。裏・・・と言われると悪そうですね(笑)

委託幹事証券(裏幹事証券)はIPO当選の狙い目!

何故、狙い目かというと理由は簡単。

「いつの間に・・・!?」

という程 コッソリと委託幹事になっていることが多いので、気付かずにIPOのブックビルディングに参加出来ない人が多いんです。

つまり、IPOの抽選時にライバルが少ない為 結果的にIPOに当選しやすくなります。

委託幹事証券(裏幹事証券)はどうやって知る?

委託幹事証券は目論見書に載らないので、見落としがちの証券会社になります。

各証券会社のTOPページにある お知らせをチェックしていると、「●●のIPOの取扱いを始めました。」と載っていることがありますが、各証券会社をいちいちチェックするのも大変です。

そこで、3つの委託幹事証券(裏幹事証券)をカンタンに知る方法をご紹介したいと思います。

其の一:各証券会社を事前に口座開設

各証券会社を口座開設していると「お知らせメール」の設定をすることが出来ます。
その中には「IPO」のお知らせメールを受け取る設定ができる証券会社があります。

そういったお知らせメールを受け取る設定をしていると、IPOの取扱いに気付きやすくなります。

お知らせメールでは「委託幹事になりました」というメールが届くわけではありません。

「●●のIPOが承認されました」や「●●のブックビルディングが開始されました」というメールが届きます。

このメールを受け取った際に「あれ?引受幹事証券だったっけ?」と気付くことが肝心です!

其の二:当サイトの情報を活用

当サイトは IPOの総合情報サイトである為、各証券会社の情報を常にチェックしています。
(一般の方より多くの証券会社を細かくチェックしていると思います)

委託幹事証券(裏幹事証券)の情報は気付いた際に発信をしておりますので、そちらをチェックして頂けたら・・・と思います。

ちなみに、当サイトのチョットした気遣いとして、公募割れのリスクが高いIPOについては、委託幹事証券の情報を発信しておりません

そもそも、委託幹事証券(裏幹事証券)の情報を発信している意図としては、IPOのブックビルディングに参加しましょう!という意図ですので、公募割れのリスクが高いIPOのブックビルディング情報を追加で紹介する意味がない為です。

其の三:委託幹事証券になりやすい証券会社

証券会社の中には、同じグループに属している証券会社があります。

同じグループに属している為、片一方が主幹事証券引受幹事証券になった際に、IPOの委託をされやすくなります。

委託幹事証券(裏幹事証券)になりやすい証券会社

委託幹事証券(裏幹事証券)を常に発信している管理人が 委託幹事証券(裏幹事証券)になりやすいと感じている証券会社の紹介です。

証券会社名 備考
カブドットコム証券

上記で説明した通り、グループ証券会社の「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」が主幹事や引受幹事証券になった際に、IPOの委託が回ってきます。※これまでの感覚では ほぼ100%。

岡三オンライン証券

同じく上記で紹介した通り、グループ証券会社の「岡三証券」が主幹事や引受幹事証券になった際に、IPOの委託が回ってきます。※これまでの感覚では 3~5件に1件くらい!?

IPOのブックビルディング時に抽選資金を必要としないのも魅力的です。

現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン中♪

ライブスター証券

IPOの取扱いを始めたのは2017年からなのですが、委託幹事を9月時点で3社 引受けており、IPO当選の狙い目証券だと思います。

IPOのブックビルディング時に抽選資金を必要としないのも魅力的です。

現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン中♪

マネックス証券

たまに委託幹事証券になります。
管理人はメインで利用している証券会社ということもあり、委託幹事に気付きやすいです。また、こちらのようなIPOのお知らせメールも設定で届きます。※これまでの感覚では 年に数件!?

楽天証券

本当に・・ごくたまに委託幹事証券になります。※これまでの感覚では年に1件!?
IPOの引受幹事証券になる機会も他の証券会社より少ない為、かなり見落としがちになる証券会社になります。
身内のT君は超人気IPOに委託幹事の楽天証券にて当選しました。(ブログ

委託幹事証券は、IPO承認から数日後に発表されることも多く、気付いてから証券会社の口座開設をしても 間に合わない場合がありますので、可能なら事前に口座開設をしておくと便利かと思います。