「O2O」は「インターネットによる活動」を「実店舗」へと活かすことです。

O2Oとは?

「O2O」は、Online to Offlineの略で「オー・ツー・オー」と呼びます。

「オンライン」から「オフラインへ」という意味で、「インターネット(オンライン)による活動」を「実店舗(オフライン)」へと活かすことです。

例として、ホームページ上で配布されているクーポン券を実店舗で利用するのもO2Oとなります。

O2O関連のサービスは成長分野としてIPOでも人気のある業種です。

参考までに

- O2O関連銘柄 -

こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。