市場注目度とは?

当サイトでは、IPOの市場注目度を「S」「A」「B」「C」「D」の5段階で評価しています。
※大手による評価を考慮

市場注目度をカンタンに説明すると「IPOの人気度」になります。

市場注目度
  • 「S」・・・市場からの注目度が最も高く、初値上昇に期待が出来る。
  • 「A」・・・市場からの注目度が高く、初値上昇に期待が出来る。
  • 「B」・・・市場からの注目度がやや高く、公募価格より やや高い初値が期待できる。
  • 「C」・・・市場からの注目度がやや低く、公募価格 近辺(プラス・ナイナス)が予想される。
  • 「D」・・・市場からの注目度が最も低く、公募割れのリスクが懸念される。

市場注目度は、IPOがもつ「業績」「将来性」「割安度」「知名度」「市場からの調達金額」などといった指標から、IPOで人気化しやすい要素である「上場市場」「業種」「市場の動向」なども考慮されて決定しています。

あくまでも、IPOのブックビルディング参加の参考としてご利用ください。

市場注目度が高いと初値も大きく上がりやすい

下記のデータを見て頂ければ一目瞭然ですが、

市場注目度が高い程、初値売りによる利益は大きく公募割れのリスクは低くなります

逆に、市場注目度が低いほど値下がりの損失リスクが高くなるのがデータでお分かり頂けると思います。

IPOデータ・ランキング」にて各年の市場注目度による、騰落率などのデータを載せています。

市場注目度が高いIPOに関しては、損失リスクも低いので積極的にIPOに応募していきましょう!


サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ