「SMBCフレンド証券」の紹介

SMBCフレンド証券

SMBCフレンド証券」は、三井住友フィナンシャルグループの証券会社です。


「SMBCフレンド証券」と「SMBC日興証券」は2018年1月に合併予定です。
合併後は、「SMBCフレンド証券」は消滅会社となります。

SMBCフレンド証券の基本情報

SMBCフレンド証券」では、「店舗」「電話」「インターネット」で取引をする事が可能です。

  • 相談をしながら投資をしたい「店舗取引」
  • パソコンが苦手な方「テレフォントレード」
  • 自分の判断で取引したい「インターネットトレード」
国内株式委託手数料(税込価格 / 2016.8.22時点)
コ-ス 10万円 20万円 50万円 100万円
店舗取引 2,700円 2,700円 6,156円 12,312円
テレフォントレード 2,160円 2,160円 2,160円 3,240円
インターネットトレード
(ベーシック)
864円 864円 864円 1,728円

店頭型証券の最大の特徴は、豊富な金融商品と投資や資産運用について相談出来る担当者がいる事です。

オンライントレードを利用する場合はネット専業証券の方が、取引手数料も安いです。

SMBCフレンド証券のIPO 抽選方法

SMBCフレンド証券」では、「預かり資産」と「国内株式委託手数料の合計金額」による「ステージ制」の優遇サービスを導入しています。

  • 「ステージA」・・・抽選、若しくは抽選によらない配分
  • 「ステージB」・・・抽選、若しくは抽選によらない配分
  • 「ステージC」・・・抽選による配分(個人配布予定の10%以上)

営業マンとのお付き合いや、預け資産の金額、取引実績などが考慮され、営業マンからIPOの割当配布があります。(上位顧客より配布

SMBCフレンド証券のIPO実績

SMBCフレンド証券」の過去3年間のIPO実績です。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

スポンサードリンク

管理人がIPO当選狙いにおすすめしている証券会社です。当選実績もあります。


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ