SBI証券の申し込み画像にモザイクをかけるのは預金額がバレるから

なんでSBI証券の申し込み画像にモザイクかけてるの?

Q 質問

管理者様がSBI証券で申し込みをされる時だけ、いつも申し込み数にモザイクがかかっています。

それはどうしてなのでしょうか?

A 回答

預金額がバレて恥ずかしいからです。

意外と?多いご質問なので、詳しく説明しますね(笑)

申し込み数のモザイクとは?

ご質問にある申し込み数のモザイクとは下記のことです。
「株数」のところにモザイクがかかっています。

ヴィッツへの申し込み画像

株数とはSBI証券で、ブックビルディングに申し込んだ株数のことです。

管理人はIPOのブックビルディングに参加した場合、どの証券会社で申し込んだのか?をブログで書いてます。

SBI証券の申し込み画像だけモザイクがかかっているので、疑問に思われる方がいらっしゃるようです。

管理人はハイブリッド預金を利用している

管理人は、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金を利用しています。

住信SBIネット銀行には2つの口座があります。

  • 「普通預金」
    入出金や振り込みができる普通の預金です。
  • 「ハイブリッド預金」
    SBI証券の投資に利用できる。IPOの抽選資金にも利用できる。

この2つの口座間の資金の移動は、一瞬でできます。
よって、管理人は普通預金にはほとんど入金せず、ハイブリッド預金に入金しています。

ハイブリッド預金については、預金はすべて住信SBIネット銀行へ移動しようで紹介しています。

SBI証券は口数比例抽選

SBI証券はIPOの抽選資金が多いほど、当選しやすくなる口数比例抽選を採用しています。

カンタンに言えば、申し込み数が多いほど当選しやすい仕組みです。

よって、都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行などにほぼ入金しておらず、住信SBIネット銀行に預金を集中しています。

つまり、わたしの預金額のほぼ全てが住信SBIネット銀行に入金されています。

申し込み金額 = 預金額

IPOのブックビルディングに参加する場合、預金額をフルに使って申込をしています。

ヴィッツへの申し込み画像

上記のヴィッツの場合、仮条件の上限は2,650円です。

仮にわたしがモザイクなしで、申込株数を2,000株と公開していた場合、

2,650円 × 2,000株 = 530万円の申し込み金額

申し込み金額=預金額ですから・・・

「コイツの預金額は530万円あるな」と推測できるわけです。

知人や身内もブログを見ている

わたしは身内や知人に積極的にIPOを紹介しています。

その影響もあってか、ブログも見られています。

わたしがSBI証券の申し込み数にモザイクをかけないことは、預金通帳を公開していることと同義になります。

みなさん、預金通帳を公開するのって嫌じゃないですか?
わたしは嫌なので、預金額がバレないようにモザイクをかけているんです。

ポイント狙いのときはモザイクなし

モザイクをかけるのって、ひと手間です。
ポイント狙いで100株だけ応募するときはモザイクかけていません。

日本ホスピスホールディングスの申し込み画像

つまり細かく言うと、全部にモザイクかけているわけじゃありません。

モザイクをかけているのは無料ソフトの「PhotoScape」です。

昔は、モザイクをかけていなかった

SBI証券の入金額が少なく、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金を利用していない頃は、画像にモザイクをかけていませんでした。

このころは、申込金額=預金額ではなく「申込金額=SBI証券の入金額」でしたので。

2015年3月のブログを見たら、このころは申込株数も公開していました。

モバイルファクトリーの申し込み画像

1,410円 × 300株ですから、42万円の申込金額があったことになります。

平等抽選の証券会社は100株のみの応募でOK

SBI証券以外の証券会社の申し込み画像にはモザイクをかけていません。

平等抽選は100株申し込めば充分ですので、すべて100株の申し込みになっています。

(蛇足)他者は申込株数=預金額でない場合もある

ややこしいんですが、蛇足で説明します。

SBI証券の申込株数は、買付余力(預金額)以上の株数を入力できます。

申込株数による抽選が行われるわけですが、SBI証券は自動的に「買付余力内で抽選」をします。

  • 預金額が10万円でも、2千万円分の申込株数を入力することが可能。
  • 2千万円分の申し込みをした人も、実質は10万円の申し込みとして抽選が行われる。

よって、TwitterやブログでSBI証券の申込株数が公開されていることがありますが、その金額がその人の買付余力(預金額)とは必ずしも一致しない場合があります。

参考までに

参考までにツイートで下記の画像がアップされていました。
3,200円 × 20万株 = 6憶4千万円の申し込み金額になります。

申し込み画像の例

こちら、参考までに紹介させて頂きました。
わたしがこの人を疑っているわけではありません。

わたしの場合は、申込金額と預金額が一致していますのでモザイクをかけているんです。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。