初値予想や評価はなぜ 変わるの?

Q 質問

上場予定のIPOで評価が当初より良くなったり悪くなったりしますが、どういう材料で変更になるんですか?

A 回答

株式市況や直近のIPOの結果(活況度)などにより修正しています。

ほかにも上場企業に関連する報道が出た場合に予想を修正しています。

株式市況に初値は左右される

IPOの初値は株式市場の市況にも影響されます。

極端な例でいえば、北朝鮮のミサイル発射があったり、地震などの地政学的なリスクがあった場合、わざわざ株式を購入する時期ではありません。

株式市況に元気がない時期はIPOの初値も元気がありません。

直近IPOの結果にも初値は左右される

IPOの初値は大衆心理にも影響されます。

  • 直近のIPOの初値が高くなっている!
    影響され、予想よりも高い初値がつく傾向に。
  • 直近のIPOの初値が伸びない…
    影響され、予想よりも安い初値がつく傾向に。

IPOの結果を管理人は見続けていますが、直前のIPOの結果に影響され「なんでこのIPOの初値が高くなったんだ?」という結果になることも少なくありません。

IPOに勢いがある時期は、初値が公募価格の2倍以上になるIPOが続くことも珍しくありません。

企業の中身(評価)は変わらないのに、上場直前の企業の初値の影響を受けるというのも面白いハナシです。

関連ニュースにも初値は左右される

IPOが承認されると世間の注目度は高まります。

注目度が集まると、その企業に対するニュースが出回ることがあります。

報道の中身が将来の業績に関わるような内容である場合、初値予想も修正されます。

(参考)大手の有料レポートの場合

IPOの有料レポートを発行している大手は、機関投資家や証券会社からヒアリング(需要の調査)を行っています。

  • 当初 想定していたよりも 投資家の買い意欲が高い。
    初値予想や評価が上方修正されやすい。
  • 当初 想定していたよりも 投資家の買い意欲が低い。
    初値予想や評価が下方修正されやすい。

管理人も以前は有料レポートを購読しておりましたが、2019年2月現在では購読していません。

購読しなくなった理由としては、書いてあることは目論見書の内容であることと、初値予想も自身の予想とそれほど変わらない為です。また、大手は企業に遠慮してか、マイナス方向の予想を出しづらいことがあります。


以上、評価や初値予想が変更される理由について書かせて頂きました。
修正した場合はコメント欄に追記させて頂きたいと思います。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに67回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。