親戚に口座開設&IPO取引を代理でしたいと言われているんですが?

Q 質問

別世帯の親戚がIPOをしています。

利益がでるので、代わりに口座開設&IPO投資をやってあげると言われています。
断りたいんですが、どうすればいいでしょうか?

A 回答

間柄が近いほど、トラブルになりやすいです。

口座開設名義の本人以外が取引することは「借名取引」や「仮名取引」といい各証券会社で固く禁止されています。

下記を参考にして、やんわりと断ってみてください。

借名取引・仮名取引とは?

株式投資を行う人は、証券会社の口座開設者(名義人)と一致している必要があります。

IPOも株式投資の一種ですので、同様です。

本人以外が取引を行うことは、「借名取引」や「仮名取引」と呼ばれ固く禁じられています。
※未成年口座は親権者が代理で行うので別。

  • 借名取引
    家族や友人から名義を借り口座を利用して、名義人に成りすまして行う取引のこと。
  • 仮名取引
    他人や架空人物などの名義で口座を利用して、本人の素性を隠しながら行う取引のこと。

奥様や旦那様などの身内や、親戚・友達などの口座で、本人以外が取引することは「借名取引」にあたります。

脱税やマネー・ローンダリングといった行為の温床となる可能性や、相場操縦といった不公正取引に利用される可能性があるため、仮名・借名取引の委託および受託は法令諸規則等により禁止されています。

大和証券より

親戚や友達はトラブルになりやすい

さて、親戚や友達から「IPOは儲かるから代わりにやってあげるよ!」と連絡がきた場合、思わぬトラブルになる可能性もありますので、やんわりと断りましょう。

親戚って近いようで遠い存在なんですよね。
同居している身内とは違った対応をしないといけません。

その親戚の考えていることは…

  • 儲かるから教えてあげよう!
  • 面倒だから代わりにやってあげよう!
  • 親戚も利用して当選確率を上げたいなぁ。稼ぎたいなぁ。

・・と、たぶん「一方的な善意のつもり」または「自分が儲けたい!」と思って勧めてきます。

参考までに

管理人も身内や親戚、友達にIPOを勧めています。
けれども、代わりに口座開設や取引をしたいなんて言ったことありません。

だって…面倒じゃないですか?
代わりに取引したいなんてウラがあるとしか思えません。

正論をぶつけない

正論で断るなら「借名取引にあたるので無理」となりますが、おそらくこんなことを言ったら相手は怒るでしょう。何故なら…勧めている相手は「善意のつもり」で勧めてきています。

代理の取引が悪いことだということも、多少は「自覚」していると思います。
そこを正論で反対されたら…

せっかく、好意で教えてあげているのに、親戚に なんてことを言うんだ!

と、逆上されかねません。

  1. 儲けさせてあげようと思ったのに!
  2. せっかく、親切で勧めているのに!
  3. わたしのことを信用していないのか!
  4. 犯罪者よばわりか!

上記のような恨みを避けるためにも、親戚や友達には やんわりと断りましょう。

面倒だからと言わない

このケースの場合、「面倒」はNGワードです。
絶対に言ってはいけません。

何故なら、すぐに下記のパターンになるから。

  1. IPOは利益がでるので、代わりに口座開設&IPO投資をやってあげる。
  2. 面倒だなぁ。
  3. だから、代わりにやってあげるよ。IDとパスワードだけ教えて!

チーン。

IPO取引を代理でしたいと言ってきている相手に対して、面倒だからという理由で断るのはやめておきましょう。

親戚や友達への断り方

あくまでも私が同様の目に遭ったと仮定した際の断り方です。
もっと上手な断り方があれば、教えて頂ければ幸いです。

わたしは上から順に対応していくと思います。

ちなみにIPOではなくて、親戚から外貨預金を勧められたと仮定して考えました。

  1. IPOは儲かるよ。代わりに口座開設&IPO投資をやってあげる。

    IPO?へぇ儲かるんだ。あとでチョット調べてみるね。
    調べる気ないが、かんたんにかわしてみる。
    代わりに取引させようなんて全く思っていない。
  2. 面倒かもしれないから代わりに口座開設してあげるよ。本人確認書類を貸して。

    ごめん。本人確認書類は探さないといけない。
    見つかったら自分で口座開設してみる。どこがおすすめ?
    おすすめを聞いて、好意を聞く気があることを匂わせる。
    おすすめが多かったら、まずは1社を試しに開設してみるという。
  3. もう、口座開設した?

    いま、申請中。書類が足りないと連絡きたが忙しくて…。
    口座開設する気はなかったが、2回聞かれたら とりあえず1社だけ口座開設してみる。
  4. 口座開設できた?面倒だから代わりに申し込んであげるよ!

    面白そうだから自分でやってみるね!
    前向きに自分でやると宣言したものを代わりにやるとは言えません。たぶん…。

わたしの脳ではせいぜい コレくらいしか思いつきませんが、「借名取引だよ、それ。」と断るより、はるかにトラブルを回避できるかと思います。

ポイントは「そんなにお勧めなら自分でやってみる!」という流れに見せかけることです。
こうすることで代わりに取引させることを防げます。

もし、貸してしまったら?トラブル必死!

相手に強く言われて貸してしまった場合を考えてみましたが、ロクな未来が見えません(涙)

  • 入金はどうするの?誰のお金?
  • 当選して利益が出た場合は?どっちの利益?
  • 損失を出した場合は?
  • 信用取引で元本以上の取引を行い借金してしまった場合は?
  • IPO以外の株取引も勝手にされたら?
  • 本人確認書類を渡して、全く関係ないものまで契約されたら?
  • 最終的な責任はだれが持つ?
  • 借名取引である以上、証券会社は助けてくれないと思うけど?

こんなトラブル…起こしたくないですよね。


口座名義を第三者に貸すことのメリットはありませんので、なんとか断ってトラブルを回避しましょう!

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。