「野村證券」のIPO「引受幹事」一覧(2013年)

2013年の「野村證券」のIPO「引受幹事」一覧です。

2013年に上場を果たしたIPOは「54社」。
野村證券」の引受幹事数(委託含む)は「8社」になります。

証券会社 主幹事数 引受幹事数
(委託含む)
主幹事 + 引受幹事数
(委託含む)

初値売りによる
利益の合計金額

野村證券 27社 8社 35社(全体の65%) 7,671,000円

「野村證券」のIPO「引受幹事」一覧

参考までにIPOの「初値売りによる利益」と「騰落率」も表示しています。

企業名 騰落率(倍率)

初値で売却した際の利益

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ
12/24 公募価格:1,400円、初値:3,100円
121.43%(2.21倍) 170,000円
アビスト
12/18 公募価格:3,450円、初値:3,450円
0%(1.00倍) 0円
イーグランド
12/18 公募価格:3,300円、初値:4,200円
27.27%(1.27倍) 90,000円
メディアドゥ
11/20 公募価格:3,300円、初値:11,770円
256.67%(3.57倍) 847,000円
リプロセル
6/26 公募価格:3,200円、初値:17,800円
456.25%(5.56倍) 1,460,000円
タマホーム
3/27 公募価格:980円、初値:1,700円
73.47%(1.73倍) 72,000円
ファルテック
3/19 公募価格:3,940円、初値:4,150円
5.33%(1.05倍) 21,000円
オイシックス
3/13 公募価格:1,200円、初値:3,700円
208.33%(3.08倍) 250,000円

スポンサードリンク

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


「野村證券のIPO引受幹事一覧(2013年)」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書等でご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ