メルカリの株(IPO)を購入するには?

メルカリ

メルカリのIPO(上場)2018年6月19日(火)に決定しました。

CMが流れていることもあり、知名度が高いIPOになります。

知名度の高さと利用者の多さや事業の多角化から人気が出ることが予想されます。

ワンポイント

2018年6月9日追記。

IPOのブックビルディングが終了し、いよいよ2018年6月19日(火)に東証マザーズへ上場(IPO)します!
予想利益は100株あたり20万円と期待が高いです!

時価総額は4,000億円を超え、新興市場をけん引する銘柄となりそうです。
東証マザーズ市場としては13年ぶりの規模が大きいIPOとなります。

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。(タイアップ詳細

メルカリとは?

「メルカリ」は、スマホでカンタンに売買ができるフリマアプリとして、女性や若者を中心に人気があります。

手軽さがウリで、スマホで写真を撮って特徴を入力するだけでカンタンに出品することができます。
逆に購入したい場合でもボタン一つですぐに購入することができます。

参考までに

「メルカリ」と「Yahoo!オークション」の違い

サービス

メルカリ Yahoo!オークション
業態 フリーマーケット オークション
購入価格 表示されている金額(値段交渉可能) オークション形式で価格が上がっていく
購入 ボタン1つで即購入 入札した金額が他の出品者より高いと落札(購入)
出品 誰でも可能 プレミアム会員(有料)

メルカリはラテン語で「商いをする」という意味です。

2015年度にメルカリ上で取引された額は約400億円、2016年度に取引された額は約1,200億円と3倍になっています。

参考までに

同社の会長の山田氏は大学卒業後、2001年にインターネット関連の会社を設立。
9年でアメリカの企業に売却し、世界一周旅行へ。

帰国後、自分に価値がないと思っているものでも他の人には価値があると気づき2013年にメルカリを設立。
成功するかどうかはイチかバチかで始められたようです。

参考までに

企業価値が10億ドル(約1,100億円)を超えるスタートアップ企業(新しいビジネスモデルで成長を目指す企業)を「ユニコーン」と呼びます。

日本では現在 上記の二社しかユニコーン企業がありません。

メルカリの株(IPO)を購入する方法

メルカリの株を購入するには大きく分けて二通りの方法があります。

  1. 株式市場に「上場した後」に購入をする
  2. 株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

株式市場に「上場した後」に購入をする

一般的なメルカリの株の購入方法です。
上場後に株式市場から、証券会社を通じて購入します。

メルカリは 2018年6月19日(火)に上場しますので、上場後はいつでも株を購入することが可能です。

株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

メルカリの株を株式市場に上場する前に購入することができます。

当サイトで紹介している「IPO」の「抽選」に参加し、当選した場合、メルカリの株を上場前に購入することができます。

メルカリの初値予想と予想利益

「メルカリ」の「評価」や「初値売りによる予想利益」も掲載しております。
(評価は後日 掲載予定です。)

IPOのメール通知システム」を利用すると、ブックビルディングの申し込み忘れを防げるので便利です。(無料)

株式上場前でも上場後でも、メルカリの株を購入できますが、上場前の株(IPO)の方が上場後よりもお得に購入できる可能性があります。

特に、メルカリは知名度も高く、人気も出そうなので上場後は株価が上場前より上がる可能性があります。
※あくまでも管理人の見解ですので、購入等は自己責任でお願いします。

参考までに

参考までに、大手による「メルカリ」の「評価」は「A」と大規模なIPOとしては評価もかなり高いです!

注目の 初値予想は4,000円 ~ 4,500円と こちらも予想としては良さそうです。

予想上限で初値を付けると 100株あたり 20万円の利益になりそうです。
4,500円(予想初値) - 3,000円(仮条件の上限)× 100株 = 20万円

ワンポイント

引受幹事証券には、管理人もIPOの当選実績が多数あるマネックス証券SMBC日興証券SBI証券が選ばれています。(IPOの当選実績

管理人は当選回数68回のうち73.5%にあたる50回が上記の3社からの当選です。

3社ともにIPO当選狙いには必須の証券会社です。

なお、大手の初値予想では100株(1口)あたり「20万円」の利益が予想されています。

家族にもIPOを勧めてブックビルディングに参加してもらえると・・・
一家としては、「20万円 × 当選数」の大きな利益となります。

管理人もこれまで「ゆうちょ銀行」や「JR九州」などの大型IPOで複数当選を果たしています。
今回のメルカリでも複数当選を全力で狙います! (参考:人気があり当選数が多いIPOは狙い目)

今回のメルカリでは 2歳の子どもの未成年口座でも参加する予定です。
人生初のIPO当選を果たせるかもしれません!

管理人の私も上場前のIPOのブックビルディングに参加して当選を狙います(  ̄∇ ̄)

メルカリのIPOにおすすめの証券会社

「メルカリ」のIPOを どの証券会社で申し込んで良いかお悩みの方へ、参考までに私がおすすめする証券会社を三社 紹介します。

管理人は下記の3社だけでIPOに50回当選しています。(全当選数の73.5%)
主幹事証券と合わせて当選を狙いたいところです。

当選数も国内で約19万口と非常に多く複数当選も狙えるIPOになります!

1. 平等抽選「マネックス証券」

マネックス証券

管理人のメイン証券会社であるマネックス証券は、IPOの抽選が平等抽選になります。

マネックス証券は、IPOの引受幹事数も多く、資金量に関係がない平等抽選ですので、100株の応募でOKです。


管理人はマネックス証券で IPOに16回 当選しています。
私自身のIPO当選回数が一番多い証券会社です。(IPO当選実績

2. 大手証券会社の一角「SMBC日興証券」

SMBC日興証券

1人1票の「平等抽選」で庶民でも当選確率が期待できるSMBC日興証券が引受幹事証券として選ばれています。

SMBC日興証券は、資金量に関係ない平等抽選ですので、100株の応募でOKです。


管理人はSMBC日興証券で IPOに18回 当選しています。
妻が最近 SMBC日興証券でIPOに当選しまくっています。(IPO当選実績

3. 複数当選も可能「SBI証券」

SBI証券

SBI証券は、上記二社と違い 抽選に応募する口数が多ければ多い程当選確率が上がる「口数比例方式」を採用しています。
※買えば買う程 高額当選の確率が上がる宝くじのようなものです。

また、SBI証券ではIPOの複数当選も可能となっており、メルカリのように当選数が多いIPOでは複数当選に期待が持てます。


さらに!
IPOの抽選に残念ながら外れてしまった場合、次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

管理人はSBI証券で IPOに16回 当選をしています。(IPO当選実績

SBI証券は本人確認書類をアップロードすることにより、最短で翌営業日からの取引が可能です!口座開設がまだの方はお早めにどうぞ!

ワンポイント

以上、メルカリのIPOに管理人がおすすめする証券会社を三社選んでみました。

上記三社は株式の売買に関する手数料も格安クラスの証券会社となっております。
手数料を抑えられると、その分 利益も大きくなりますので 手数料の比較も大事な要素になります。

参考までに

参考までに、20万円分の株式を購入した場合の手数料の比較です。※2018.5.14 時点。

なお、SBI証券以外はネット分は「平等抽選」になりますので、当選確率は一緒になります。
つまり、運しだいで当選しますので資金量に左右されません。

事前に証券会社の口座開設準備を

メルカリのIPOのブックビルディング期間は「6/4 (月) ~ 6/8 (金)」となっています。

ギリギリで口座開設を行うと、書類不備等で間に合わない場合もあります。(実体験)
口座開設は早い証券会社で数日で済みますが、余裕を持って口座開設をするようにしましょう!

メルカリ以降も6月に人気が高いIPOが続々上場を果たします!
口座開設は早めに済ませておきましょう!

ワンポイント

証券会社の口座開設は無料です。
主要な証券会社は口座開設を事前にしておきましょう。

参考までに、IPOの幹事数が多い証券会社です。

事前に口座開設を行っておくと、メルカリのIPOだけでなく その他の人気IPOのブックビルディングにも参加できます。

知名度が高く、当選数が多い大型IPOの上場結果は?

参考までに直近の大型IPOのデータとして、2016年7月に上場を果たした無料通話アプリの「LINE」や、昨年2015年11月に上場を果たした「郵政グループ三社」のIPOの結果をこちらに載せたいと思います。

  • 公募価格:IPOのブックビルディングに当選/割当した場合に購入できる株価
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手して初値売りの利益

参考までに

  • メルカリ6月19日(火)に上場
    当選数:約19万口(国内)
  • 九州旅客鉄道(JR九州)
    当選数:約120万口(国内)
    初値売りの利益:50,000円(騰落率:19.23%)
    ⇒ 管理人と妻で100株ずつ、計200株の当選。
  • LINE
    当選数:35万口
    初値売りの利益:160,000円(騰落率:48.48%)
    ⇒ 妻が100株当選。
  • 日本郵政
    当選数:495万口
    初値売りの利益:23,100円(騰落率:16.50%)
    ⇒ 妻が100株当選。
  • かんぽ生命保険
    当選数:66万口
    初値売りの利益:72,900円(騰落率:33.14%)
    ⇒ 管理人が300株当選。
  • ゆうちょ銀行
    当選数:約412万口
    初値売りの利益:23,000円(騰落率:15.86%)
    ⇒ 管理人が700株、妻が200株の計900株の当選。

上記のように知名度が高いIPOは買い需要が高く初値が上回る場合があります。

100株あたりの利益を出していますので、200株当選を果たせば利益は2倍に、500株当選を果たせば利益は5倍になります。
管理人もこれまで複数当選を果たしています。IPOの複数当選が可能なのも大型IPOの特徴です。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社で口座開設キャンペーンを行っています。